Event is FINISHED

第28回〈暮らしの中の看取り〉準備講座

誰かを看取るということ
〜知っておきたい看取りのこと〜

Description

Zoom活用 オンライン講座

第28回 〈暮らしの中の看取り〉準備講座

誰かを看取るということ 〜知っておきたい看取りのこと〜


内容
1=知っておきたい看取りのこと
看取りがただつらい思い出にならないために
自分が人生の最終段階をどう生きるかを考えるために

2=グループディスカッション
少人数のグループに分かれて、看取りについて自分の思いを語り合いましょう

※この内容は、当初4月19日に広島県廿日市市で開催予定だった講座の午前のプログラムを
 オンラインで開催するものです。
 午後のプログラムは4月19日に終了いたしました。

詳細
2014年10月に、看取りとは?をあたらめて考え
看取りを自分事として考える市民講座として始まった〈暮らしの中の看取り〉準備講座は
今6年目を迎え、食べられないことの支援や聴くことを学んできた
はつかいち暮らしと看取りのサポーターが
介護レストランや食事の困りごと相談コーナーの活動を行っています。

今回の第28回〈暮らしの中の看取り〉準備講座は、原点にもどり
もういちど看取りについて考える講座をzoom活用してオンラインで開催いたします。

※本オンライン講座は「Zoom」を使って行います。Wifiなどネット接続ができる環境で、
PC・スマホ・タブレットなどから受講できます。
参加希望の方は事前にzoomアプリをダウンロードしておいてください。


主催
主催:はつかいち 暮らしと看取りのサポーターwww.kumi-suppo.com

はつかいち 暮らしと看取りのサポーターとは?
2014年10月から広島県廿日市市で始めた「〈暮らしの中の看取り〉準備講座」では、
日頃考えることを避けてしまいがちな「看取りとは?」を自分事として考え、
これから地域で療養する人が増えるであろう「がんのこと」や「認知症のこと」を学びながら、
地域で最期まで安心して暮らすためにできることは何か?を考えてきました。

その具体的な活動として「聴くこと」と「食支援」を挙げ、
〈暮らしの中の看取り〉準備講座や勉強会を開催して実践に向けての準備をすすめています。

はつかいち暮らしと看取りのサポーターはこうした活動の中から
「できるときにできることを」をモットーに発足し、〈暮らしの中の看取り〉準備講座の運営や、
「聴くこと」と「食支援」の活動に参加しています。

対象
◆一般の方
◆医療介護従事者、地域包括ケアに関わってる方

講師紹介
大井 裕子氏 (おおい ゆうこ)
     緩和ケア医師 聖ヨハネ会桜町病院 在宅診療部長・ホスピス科
     広島大学 医学部 客員准教授
     日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニック 臨床教授
     はつかいち暮らしと看取りのサポーター代表
     第1〜3回介護レストラン実行委員会 共同代表

ホスピスでがん患者と家族のケアを行う傍ら、緩和ケア普及・啓発のための活動を行っている。
2014年10月から廿日市で「〈暮らしの中の看取り〉準備講座」を継続中。〈暮らしの中の看取り〉準備講座から介護レストランまでの取り組みについて第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会にパネリスト、座長として登壇。
介護施設や医師会、介護支援専門員や各地の看取りに関する研修の講師を務める。
著書:〈暮らしの中の看取り〉準備講座/中外医学社

お申込み後の流れ
❶お申し込み後 ご準備案内をメールにてお送りいたします
❷事前にzoomセミナー参加URL、パスワードをお送りいたします
※万が一、前日までにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダに届いている場合がございます。
恐れ入りますが、迷惑メールフォルダのご確認をお願いいたします。
──────────────────

■実施日時 :2020年5月4日(月・祝) 午前10時〜12時
■参加費  :1,000円(1名あたり)
本Peatixページよりチケット購入してください。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#562034 2020-04-28 13:44:33
More updates
Mon May 4, 2020
10:00 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥1,000
Organizer
はつかいち 暮らしと看取りのサポーター
183 Followers

[PR] Recommended information